クトゥルフじゃないTRPG紹介(2)ログ・ホライズンTRPG

TRPGといえばクトゥルフ! みたいな風潮に異を唱え、クトゥルフ以外のTRPGを紹介するコーナー。

ひっさしぶりに、はーじまーるよー。

 

今回紹介するTRPGは、ログ・ホライズンTRPGです!

 

ログ・ホライズンTRPG」とは?

ログ・ホライズンTRPG」は橙乃ままれ氏の小説「ログ・ホライズン」を原作としたTRPGです。

ログ・ホライズン」は、語弊を恐れずにザックリと言うと「オンラインゲームの中に閉じ込められてしまった」という異世界転生系ファンタジー小説です。

登場人物はオンラインゲームのキャラクターとなって、ゲーム中のスキルを駆使しながら、ゲームの世界を生き抜いていくのです。

NHKでテレビアニメ化もされたんですよ。

 

で、原作者と、その仲間たちが、かなり前のめりで作ったTRPGが「ログ・ホライズンTRPG」。

ゲームの世界が舞台であることを逆手にとってか、かなりシステムチックなシステムになっています。

 

遊びやすく、作りやすく、戦闘は面白い。

 

作り手が理想としているゲームの姿が、よく体現されていました。

 

それでは1つ1つの要素を解説していきましょう。

 

ルールがはっきりしているので遊びやすい

ログ・ホライズンTRPG」はゲームの進行や判定の基準がすべてルールブックに記述されているので、処理上に人間の判断が入る余地がほとんどありません。

なのでクチプロレスの防止や、シナリオの制御につながり、誰でも「楽しいゲームプレイ」が導けるようになっています。

そんなにシステマチックだったら、自由度が無いと思うかもしれませんが、大丈夫です。

ルール外のところでおもいっきりロールプレイしてもらえればよいのです。

その結果が数値や進行に影響をあたえることはほぼありませんが。

このあたりはインセインと一緒ですね。

 

とはいえ、このシステムには「タグ」とかいう慣れない概念が出てくるので、処理のクセをつかむまでに少々時間がかかるのが弱点かもしれません。

 

 

 

進行がルール化されているのでシナリオが作りやすい

ログ・ホライズンTRPGでは、道中やダンジョンなどが「ミッション」という形でルール化しています。

ひとことで説明するのも難しいのですが、シナリオ進行をミニゲーム化してしまうわけです。

なので、シナリオの作りは、「バトル」→「ミッション」→「ボスバトル」みたいな組み合わせで出来上がります。

物語は基本的にその合間を繋ぐ物的位置づけ。

そして(いまはどうか知りませんが)ルールブック発売当初には、こうした「バトル」や「ミッション」もしくは敵キャラである「エナミー」などのシナリオの素材を、自作して皆で共有しようという風潮がありました。

こうしたシナリオ素材を作ってくれる人たちのことを公式が「デベロッパー」と呼んで推奨していたのです。

普通の人でも簡単にオリジナルシナリオを組めるように、率先して仕掛けを施していたんですね。

これは画期的なことでした。

また、遊ぶ人の間口を広げやすいようにキャラクターを作成、保管する場所も公式で用意していました。

これもまた、当時としては画期的なことでした。

ちなみに今もそのサイトは存在しています。

放置運営のようですけどね。

lhrpg.com

雑魚(モブ)が、強い

ログ・ホライズンTRPG」では、戦闘でも特徴がありました。

モブと呼ばれるザコ敵の攻撃がものすごく強いのです。

ザコだと思ってほおっておいたら、あっという間にやられてしまいます。

そして、倒そうと思っても意外としぶとい。

とても厄介な相手なのです。

しかし、モブには弱点があります。

それがいわゆる「モブ殺し」。

モブを1撃で倒せるスキルがあるのです。

 

モブが強いおかげで、今スキルが輝くこと。

戦闘の駆け引きや、「モブ殺し」持ちのキャラクターの見せ場づくりにもなる。

よくできた仕組みなのです。

まとめ

今は展開が止まっているようですが、「ログ・ホライズンTRPG」は発売当時、TRPGゲーマーの間で、ものすごい熱狂を起こした作品です。

今遊んでも、当時の「熱」を感じることはできないかもしれませんが、ゲームとしての面白さは本物です。

原作ものなので原作を知っているほうがより良く遊べますが、ぶっちゃけ普通のファンタジーRPGとしても十分遊べます。

私も低レベル用のシナリオを数本作成しているので、1度ためしに遊んでもらえたらうれしいです。

(※自作のログ・ホラインズTRPGの公開は停止中です。BOOTHのほうで無償配布を再開しようかな……。無償ならライセンス的にも問題ない、よね??)

 

とりあえず雰囲気を味わいたいという人は、リプレイ本をどうぞ。

 

☆ランキングにご協力を!

バナークリックでガミジさんを日本一のゲームブロガーにしよう!!

にほんブログ村 ゲームブログへ

 

 

5歳の子どもと「カタンの開拓者」……は早すぎだった?

カタンの開拓者」というボードゲームがあります。

ただ単に「カタン」と言ったほうが有名かもしれませんね。

過去にドイツボードゲーム大賞も受賞した名作ゲーム。

ずっと物置の中にしまわれていたこのゲームを、台風で暇な子どもが見つけて「やってみたい」というので、引っ張り出してきました。

同様のボードゲームである「カルカソンヌ」は、以前ルールを簡単にして、遊んだことがあります。

 

……が、さて「カタン」ではどうなることでしょうか。

 

カタンの開拓者」はどんなゲーム?

あなたがゲーム好きであれば、当然このゲームのことはご存じなので、このパラグラフは読み飛ばしていただいて構いません。

……というくらい有名なゲームですが、いちおう解説。

カタンの開拓者」は未開拓の島「カタン島」を舞台に繰り広げられる「島を開拓していくゲーム」です。

プレイ人数は3人か4人。最初に「開拓地」をつくりそのを拠点に資源を採掘し、道や新たな開拓地を作っていき、街を作り、騎士を呼び寄せて島を発展していくというゲームなのです。

このゲームの肝の1つは「プレイヤー同士の資源の交換」にあります。

なんと、各プレイヤーが持っている資源を自由に交換してよいのです。

もちろん「双方の同意において」ですが。

自分の欲しいものと、相手が欲しいもの。

それを考えて交渉していくことが求められる知的なゲームなのです。

 

カタンの開拓者」は何歳からできるの?

パッケージを見ると、「カタンの開拓者」の対象年齢は8歳以上となっています。

が、正直、ルールを駆使して勝利を目指すのは8歳でも厳しい気がします。

ゲーマーの親父に勝つのはかなり困難だと思われます。

意外と、覚えることも多いんですよね。

前述の「交渉」だけでなく、「資源を使用する量」「発展カードの中身」「貿易のルール」「盗賊の効果」など、把握しておくべきルールがたくさんあります。

やりながら慣れる面もありますけど、人生ゲームのように簡単でないことは確かです。

 

 

 

 

カタンの開拓者」は5歳児でも遊べるのか?

さて、5歳児でも「カタンの開拓者」は遊べるのでしょうか……。

結論を先に言ってしまうと、厳しいです。

カルカソンヌ」のように、ルールを簡略化させればなんとなかなると思っていたのですが、カタンはルールが完成されすぎていて、どこか簡略化させると、ゲームバランスが崩れてしまうのです。

最初はルール説明も兼ねて「発展」と「貿易」をなしにしてプレイしてみたのですが、そうすると、恐ろしいほどゲームが進みません。

しかも、最初の開拓地の配置を鉱山や麦畑にしてしまうと、詰みます。

最大騎士力賞もなくなってしまうので、10ポイントへの道のりが長い長い。

とてもつらいゲームとなっていました。

それでもなんとか遊んでいる5歳の娘。

頭を振り絞っているせいか、退屈だからなのか、とても眠そうでした。

 

カタンの開拓者」を5歳児と遊ぶには?

結論から言うと、「カタンの開拓者」を5歳児と遊ぶのはオススメできません。

ただ、6角形の島パネルを組み合わせたり、街や開拓地などを置いて遊ぶのは楽しいので、自由な島づくりゲームとして遊ぶのはいいかもしれません。

どうしても、ゲームとして遊ぶというならば、以下のようなルールでいいのではないかと考えます。

  • 「発展」と「港」はなしにする。
  • 「鉱山」から「鉱石」の代わりにレンガが出る
  • おなじ資源2枚で別の好きな資源に交換できる
  • 出目7は人の資源を1枚もらえるだけ
  • 5ポイント先取とする

つまり、ひたすら道と開拓地を作って、先に開拓地を3つ作った人が勝ちというゲームにしてしまうわけですね。

現時点では、まだこのルールでは遊んでいません。

これで遊んでみてダメだったら、またダメだった理由を報告したいと思います。

 

というわけで、

まて、続報!!

 

 

☆ランキングにご協力を!

バナークリックでガミジさんを日本一のゲームブロガーにしよう!!

にほんブログ村 ゲームブログへ